特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

連覇の大阪桐蔭は前田悠伍が快投 明治神宮大会を振り返る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
史上初の大会連覇を達成し、喜ぶ大阪桐蔭の前田悠伍(左)と捕手・南川幸輝=神宮球場で2022年11月24日、吉田航太撮影
史上初の大会連覇を達成し、喜ぶ大阪桐蔭の前田悠伍(左)と捕手・南川幸輝=神宮球場で2022年11月24日、吉田航太撮影

 2023年3月18日に開幕する第95回記念選抜高校野球大会の出場校を選考する際の参考資料となる全国10地区の秋季大会が終了した。各地区の優勝校が参加した明治神宮大会の高校の部は、大阪桐蔭が大会史上初の連覇となる2年連続2回目の優勝を果たした。広陵(広島)は2年連続の準優勝となった。

防御率2・14と安定

 大阪桐蔭は前田…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文417文字)

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集