一山麻緒、アクシデント乗り越え再浮上の契機に クイーンズ駅伝

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
資生堂の4区・ジェプングティチ・ジュディ(右)にたすきをつなぐ、3区・一山麻緒=仙台市で2022年11月27日、手塚耕一郎撮影
資生堂の4区・ジェプングティチ・ジュディ(右)にたすきをつなぐ、3区・一山麻緒=仙台市で2022年11月27日、手塚耕一郎撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第42回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は27日、宮城県を舞台に6区間42・195キロで争われ、東京オリンピック女子マラソン8位で資生堂の一山麻緒(25)は最長区間の3区で登場した。

 よろめく選手も出るほどの強烈な向かい風。女子マラソンのエースは6キロ過ぎで口が開き、苦しい表情を浮かべた。トップでたすきを受けたものの、猛追する広中璃梨佳(日本郵政グループ)、新谷仁美(積水化学)に8キロ過ぎから相次いで抜かれる。それでも、大きく引き離されず3位にとどまったのは、せめてもの意地だった。

 この1年、転機が続いた。昨年12月に男子マラソン日本記録保持者の鈴木健吾(富士通)と結婚。3月の東京マラソンでは一山が6位、鈴木は4位とともに日本選手トップとなった。合計タイム4時間26分30秒で同一大会の最速合計タイムとして、ギネス世界記録に認定された。

この記事は有料記事です。

残り692文字(全文1079文字)

あわせて読みたい

ニュース特集