特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ侵攻

原発被災者、二重の苦しみ 「薬がどこにも売ってないんです」 練馬の団体、支援金募る /東京

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
チェルノブイリ原発事故被災地周辺の子どもたちを集め、ウクライナ南部ヘルソン州の施設で2021年に実施された保養事業の様子。ロシアによる侵攻で22年は初めて開催できなくなった=チェルノブイリ子ども基金提供
チェルノブイリ原発事故被災地周辺の子どもたちを集め、ウクライナ南部ヘルソン州の施設で2021年に実施された保養事業の様子。ロシアによる侵攻で22年は初めて開催できなくなった=チェルノブイリ子ども基金提供

 ロシアによるウクライナ侵攻の長期化が、チェルノブイリ原発事故の被災者の生活も脅かしている。甲状腺薬の入手が困難となって健康状態が悪化する人が相次ぎ、現地で子どもたちを集めて毎夏続けてきた保養活動も戦闘の激化によって実施できなくなった。日本から被災者を支援している市民団体「チェルノブイリ子ども基金」(練馬区)は「原発事故と戦争で二重の被害に苦しむ人々の現状を知ってほしい」と訴えている。【千葉紀和】

 「毎日、私たちの小さな町に若者たちの遺体が埋葬のために運ばれています。ひどいことです。終わりのない悪夢です」

この記事は有料記事です。

残り1057文字(全文1312文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集