正恩氏の娘、ICBM技術者らと記念撮影 「血統」改めて強調か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大陸間弾道ミサイル「火星17」の発射成功に貢献した兵士と記念写真を撮る金正恩朝鮮労働党総書記(手前右)と娘(同左)。朝鮮中央通信が27日報じた=朝鮮中央通信・朝鮮通信
大陸間弾道ミサイル「火星17」の発射成功に貢献した兵士と記念写真を撮る金正恩朝鮮労働党総書記(手前右)と娘(同左)。朝鮮中央通信が27日報じた=朝鮮中央通信・朝鮮通信

 北朝鮮国営の朝鮮中央通信は27日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党総書記が、18日に発射された大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星17」の成功に貢献した戦闘員や科学者、技術者らと記念写真を撮影したと報じた。発射の際に金正恩氏に同行していた娘が今回も登場し、記念写真に加わった。故金日成(キム・イルソン)主席の直系であることを示す「白頭山(ペクトゥサン)の血統」を改めて強調して、求心力維持に活用する意図がありそうだ。

 技術者、労働者らは21日、「今後も変わらず白頭山の血統だけに従って最後まで忠実である」とする書簡を金正恩氏に送った。韓国の情報機関「国家情報院」の分析によると、ICBM発射現場への同行で初めて公式に存在が確認された娘は、2013年生まれの第2子「金ジュエ」とされる。「火星17」の発射に同行した際は白いダウンコート姿だったが、今回の記念写真の撮影時は黒いコートに黒ズボン姿。金正恩氏と腕を組んで歩き…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文683文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集