映画監督の崔洋一さん死去 73歳 「月はどっちに出ている」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
映画監督の崔洋一さん=渋谷区で2015年12月、堀山明子撮影
映画監督の崔洋一さん=渋谷区で2015年12月、堀山明子撮影

 「月はどっちに出ている」「血と骨」など在日コリアンを描いた作品で知られる映画監督の崔洋一(さい・よういち)さんが27日、死去した。73歳。葬儀は近親者で営む。喪主は妻青木映子(あおき・えいこ)さん。お別れの会を後日開く。

 在日朝鮮人の父と日本人の母の間に生まれた。大島渚監督の「愛のコリーダ」で助監督を務め、1983年に内田裕也さん主演の「十階のモスキート」で監督デビュー。梁石日さんの自伝的小説…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集