特集

三原舞依|Fun!フィギュア

昨季は4大陸選手権を5年ぶりに制覇。体調不良による長期休養後初の主要国際大会優勝となった。指先まで洗練された舞で観客を魅了する

特集一覧

三原舞依が示したファイナルへの覚悟 逆転でGP連勝 フィギュア

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
女子フリーで演技する三原舞依=フィンランド・エスポーで2022年11月26日、AP
女子フリーで演技する三原舞依=フィンランド・エスポーで2022年11月26日、AP

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第6戦、フィンランド大会は26日、フィンランド・エスポーで女子フリーがあり、ショートプログラム(SP)2位の三原舞依選手(シスメックス)が130・56点、合計204・14点で逆転優勝。シニアでは初のグランプリファイナル進出も決めた。

 耐え切った先に頂点が待っていた。三原選手は逆転で優勝し、第4戦の英国大会に続いてGPシリーズ連勝を成し遂げた。シニアでは初となるGPファイナルへの切符も手にして、「今季の目標に掲げていたことの一つなので、すごくすごくうれしい」と声を弾ませた。

 満足できる演技内容ではなかった。「体の状態的に…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文722文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集