特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

34歳・レバンドフスキ、涙のW杯初ゴール 4年越し重圧に耐え

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ポーランド-サウジアラビア】後半、チーム2点目のゴールを決めて喜ぶポーランドのレバンドフスキ(中央右)=カタール・アルラヤンのエデュケーション・シティー競技場で2022年11月26日、宮武祐希撮影
【ポーランド-サウジアラビア】後半、チーム2点目のゴールを決めて喜ぶポーランドのレバンドフスキ(中央右)=カタール・アルラヤンのエデュケーション・シティー競技場で2022年11月26日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグC組は26日、ポーランドが2―で0サウジアラビアを降した。

 「4年越し」のW杯初ゴールを決めたポーランドのFWレバンドフスキは、拳を握り締めながら芝の上でしばらくうつぶせとなった。背負ってきた重圧の大きさか。ゆっくり起き上がると、その目には光るものがあった。

 初戦でアルゼンチンを破った勢いのまま、サウジアラビアは開始早々から攻勢に出た。対するポーランドはレバンドフスキが前線で孤立する場面が目に付いたが、やはり役者が違った。

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文616文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集