世界経験者が一丸、資生堂のチーム力 岩水監督「みんなで」貫く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
資生堂の4区・ジェプングティチ・ジュディ(右)にたすきをつなぐ、3区・一山麻緒=仙台市で2022年11月27日、手塚耕一郎撮影
資生堂の4区・ジェプングティチ・ジュディ(右)にたすきをつなぐ、3区・一山麻緒=仙台市で2022年11月27日、手塚耕一郎撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第42回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は27日、宮城県を舞台に6区間42・195キロで争われ、資生堂が16年ぶり2回目の優勝を果たした。

 フィニッシュまで、あと1キロ。3年ぶりに沿道観戦が復活したコースに資生堂の応援旗が揺らめくと、アンカーの高島由香は勝利を確信したように手を上げた。2位の積水化学に約2分の差をつけての女王奪還。復活を派手に印象づけた。

 際だったのは、個々の入念な準備だ。2年連続で1区を託された木村友香は前回大会の失速を教訓にした。細かい起伏のあるコースに、向かい風が吹きすさぶ。「いかに力まず走るかを想定してきた」と、スタートからの独走にも不安はなかった。

この記事は有料記事です。

残り764文字(全文1069文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集