「後輩に背中見せられたら」 広中璃梨佳が率いる日本郵政の復活

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本郵政グループの4区・大西ひかり(右)にたすきをつなぐ、3広中璃梨佳=仙台市で2022年11月27日、手塚耕一郎撮影
日本郵政グループの4区・大西ひかり(右)にたすきをつなぐ、3広中璃梨佳=仙台市で2022年11月27日、手塚耕一郎撮影

 「クイーンズ駅伝in宮城 第42回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会」は27日、宮城県を舞台に6区間42・195キロで争われ、日本郵政グループは3位だった。

 前回大会は4位と、連覇が「2」で止まった日本郵政グループ。チームはこの人抜きには語れない。22歳の若さで日本の女子トラック界をリードする広中璃梨佳だ。昨年の東京オリンピックに5000メートルと1万メートルの2種目で出場したホープは、最長の3区(10・9キロ)を任されると、積極的な走りでチームメートを勇気付けた。

 トップを行く東京五輪マラソン代表の一山麻緒(資生堂)を47秒差の4位から追う展開。前半から突っ込んでいき、3・6キロ付近で2位に浮上すると、8キロ手前で一山を捉えて先頭に立った。10キロ過ぎに後ろから来た1万メートル日本記録保持者の新谷仁美(積水化学)に並ばれたが、ラストで新谷を再び引き離し、1位でリレーした。区間賞は1秒差で新谷に譲ったが、日本を代表するランナーのプライドがぶつかり合う好勝負だ…

この記事は有料記事です。

残り653文字(全文1088文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集