プロボクシング吉川梨優那が新王者 日本女子初チャンピオン師弟に

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
試合直後のリング上でチャンピオンベルトを体に巻いて喜ぶ吉川梨優那と野上奈々会長(左)=堺市中区のソフィア・堺で2022年11月27日午後3時16分、来住哲司撮影
試合直後のリング上でチャンピオンベルトを体に巻いて喜ぶ吉川梨優那と野上奈々会長(左)=堺市中区のソフィア・堺で2022年11月27日午後3時16分、来住哲司撮影

 世界ボクシング機構(WBO)アジアパシフィック女子ミニマム級王座決定戦8回戦が27日、堺市中区のソフィア・堺(堺市教育文化センター)であり、ディアマンテジム(堺市堺区)所属で日本同級3位の吉川梨優那(りゆな)(21)が世界ボクシング評議会(WBC)女子アトム級3位のノル・グロ(32)=フィリピン=を3―0(審判3人とも78―74)の判定で降し、新王者となった。同ジムの野上奈…

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文474文字)

あわせて読みたい

ニュース特集