特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

大胆さ増す森保采配 選手層充実で「カメレオン戦術」 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-コスタリカ】コスタリカ戦に臨む森保一監督(左)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影
【日本-コスタリカ】コスタリカ戦に臨む森保一監督(左)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影

 日本中を熱狂に包んだドイツ戦の「金星」から中3日。激闘によって日本は主力が負傷を抱え、故障明けでコンディションが万全でない選手もいる。先を見据えるのか、それとも目の前の相手に総力で挑むのか――。決勝トーナメントへの道筋で「森保ジャパン」の底力が試された。

 森保一監督が選んだ答えは前者だった。ドイツ戦の先発から5人を変更。うち相馬勇紀ら4人はW杯デビュー戦となった。堅守速攻を持ち味とする相手に、日本は相馬、堂安律の両翼が果敢にドリブルを仕掛け、守りを固めた相手の5バックを崩しに行く。

 後半は初戦で出番のなかった伊藤洋輝を投入。陣形を4バックから3バックにし後方からの組み立てがスムーズになった。三笘薫もドリブルで左サイドを深くえぐって好機を次々にもたらしながら、コスタリカにはねかえされた。

この記事は有料記事です。

残り768文字(全文1116文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集