特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

このままで終わらせない 森保ジャパンに息づく歴代日本代表のDNA

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-コスタリカ】前半、前線にボールを送る長友佑都(右)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影
【日本-コスタリカ】前半、前線にボールを送る長友佑都(右)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は27日、アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で行われた第2戦でコスタリカに0―1で敗れた。

 相手陣内でボールを奪う守備は機能し、負けない試合運びという意味で途中までプラン通りだった。だが1点が遠く、攻勢を強めていた後半36分、中途半端なクリアボールを拾われた末に失点。痛恨のミスで、勝利はおろか、最低限の勝ち点1さえつかみ損ねた。森保一監督は「世界の舞台で勝っていくためには、前半からゲームをコントロールし、質を発揮して戦うという部分のレベルをさらに上げていかなければいけない」と悔しさをかみしめた。

 日本の持ち味をどう引き出し、世界と戦っていくか。森保監督は2018年7月の就任以降、そのテーマと向き合い続けてきた。

この記事は有料記事です。

残り792文字(全文1136文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集