阿炎、どん底からはい上がって初V 恩師が見た「再起」の道 大相撲

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
初優勝し、八角理事長(右)から賜杯を受け取る阿炎=福岡国際センターで2022年11月27日(代表撮影)
初優勝し、八角理事長(右)から賜杯を受け取る阿炎=福岡国際センターで2022年11月27日(代表撮影)

 大相撲九州場所は27日、福岡国際センターで千秋楽を迎え、西前頭9枚目の阿炎(あび)(28)=本名・堀切洸助、埼玉県出身、錣山(しころやま)部屋=が初優勝した。新型コロナウイルスの感染対策を巡り3場所出場停止処分を受け、一から出直した末にたどり着いた賜杯を胸に抱き、阿炎は「まだ何か、うそのような感じで。すごく高ぶっています」と初々しく語った。

 「謹慎(出場停止)が明けてから上がってくる姿を見ていたら、体だけではなく、話すことも随分変わってきた」

 千葉・流山南高時代に監督を務めた小川清彦さん(64)はそう評する。「謹慎はとても厳しい。…

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文928文字)

あわせて読みたい

ニュース特集