初優勝の阿炎、涙こらえ 入院中の師から毎日届いたメールの言葉

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
優勝インタビューで感極まる阿炎=福岡国際センターで2022年11月27日(代表撮影)
優勝インタビューで感極まる阿炎=福岡国際センターで2022年11月27日(代表撮影)

 大相撲九州場所は27日、福岡国際センターで千秋楽を迎え、阿炎が初優勝した。

 1日3番取って3連勝。阿炎は「優勝は全く意識しなかった。考えなかったから、こういう成績が残せた」と至って冷静だった。先場所けがで全休していたためにリハビリの位置付けだった今場所。無心で臨んだことが初優勝への原動力になった。

 千秋楽は1差で追う2敗の高安との直接対決で幕を開けた。同じく初優勝を狙っていた相手を突き倒すと、大関・貴景勝も含めた3人による優勝決定ともえ戦に。28年ぶりのことだが「(2人の)動画を見ていて、頭の中で組んでいた」と取組のイメージは出来上がっていた。最初の高安との一番では、当たって横から攻める狙いが変化したような格好となり、はたき込みに。続く貴景勝には低い出足で得意のもろ手突き。最後は体をぶつけながら相手を土俵の外に押し出した。

この記事は有料記事です。

残り563文字(全文930文字)

あわせて読みたい

ニュース特集