特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「デュエルキング」は諦めない 遠藤航、4年前の雪辱胸に W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-コスタリカ】後半、遠藤航がシュートを放つ=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影
【日本-コスタリカ】後半、遠藤航がシュートを放つ=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は27日、コスタリカと対戦した。

 鋭い出足で寄せ、激しいぶつかり合いもいとわずにボールを奪う。中盤の底にどっしりと陣取る遠藤航(シュツットガルト)はこの日も体を張って戦った。だが、奮闘を勝ち点に結び付けることができず、「自分たちも守備のところでなかなかためを作れなかった」と悔やんだ。

 「しっかり守って、逆にうちがカウンターを狙うようなゲーム展開もイメージしながらやっていた」。試合の流れを読んで相手の攻撃の芽を摘み、自ら切り込んで好位置でのFKを獲得するなど攻撃にも積極的に顔を出した。ただ、チームはネットを揺らすことができず、終盤に少ないチャンスを生かされて失点。悔しさを隠せなかった。

この記事は有料記事です。

残り526文字(全文854文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集