特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「スペイン戦に全て懸ける」途中出場の伊東純也 W杯コスタリカ戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-コスタリカ】後半、ドリブルで攻め込む伊東純也(中央)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影
【日本-コスタリカ】後半、ドリブルで攻め込む伊東純也(中央)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は27日、アルラヤンで行われた第2戦でコスタリカに0―1で敗れた。後半途中で出場した伊東純也(スタッド・ランス)は「また追い込まれてしまった」と語った。試合後の主なコメントは次の通り。

コンビネーションが難しかった

 ――ベンチで何を考えていたか。

 ◆0―0だったので、自分が入ったらサイドの奥から仕掛けようとしていた。最初はシャドーで、ボールに近い位置だったので、抜け出してゴールを決めたいと思っていた。

この記事は有料記事です。

残り342文字(全文576文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集