「ほっこりした気持ちで新年を」来年のえと「ウサギ」の張り子作り

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
丁寧に仕上げられた表情豊かな張り子のウサギ=山形県酒田市で2022年11月23日、長南里香撮影
丁寧に仕上げられた表情豊かな張り子のウサギ=山形県酒田市で2022年11月23日、長南里香撮影

 山形県酒田市で来年のえと「ウサギ」の張り子作りが最盛期を迎え、職人が一つずつ愛らしい表情に仕上げている。

 張り子は高さ約8センチ。金色の餅を食べたり、ピンク色のモモを抱えたりするウサギに、金運や不老長寿の願いを込める。手びねりで粘土を成形し紙を張って彩色するなど、手仕事のぬくもりが伝わる。

 作業に当たる小松広幸さん(51)と馨さ…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文250文字)

あわせて読みたい

ニュース特集