小池都知事、米粉パンに「もちもち」舌鼓 新潟で食材フェア視察

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京都の食材をアピールする小池百合子都知事(左端)と花角英世知事(左から2人目)=新潟市西区で2022年11月27日、池田真由香撮影
東京都の食材をアピールする小池百合子都知事(左端)と花角英世知事(左から2人目)=新潟市西区で2022年11月27日、池田真由香撮影

 東京都の小池百合子都知事が27日、新潟県を訪問した。7月に県と東京都が締結した「米粉の活用促進及び農林水産物の魅力発信に関する連携協定」の一環として、新潟市西区の道の駅・新潟ふるさと村で開かれている東京産食材フェアと、胎内市の米粉や米粉パンの製造工場を視察した。

 小池氏は新潟ふるさと村で、多摩地域などで生産されたアシタバや小松菜、大根といった「江戸野菜」をPR。周囲に集まった多くの買い物客らに「東京と新潟の協定を育てていきたい。ぜひ買ってください」と呼びかけた。県産の米粉を使ったベーグルや肉まんを販売しているブースも回り、…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文663文字)

あわせて読みたい

ニュース特集