容器の軽量化、工程見直し 化粧品、環境配慮商品が各社から続々

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ちふれホールディングスがウェブサイトで示した商品の二酸化炭素排出量
ちふれホールディングスがウェブサイトで示した商品の二酸化炭素排出量

 国内の化粧品メーカー各社が環境に配慮した取り組みを進めている。商品の容器に関してプラスチック使用量を削減したり、店頭に回収箱を設置したりするほか、二酸化炭素(CO2)排出量をホームページで公表。競合する化粧品がひしめく中、消費者に選んでもらうきっかけにしたい考えだ。

 最大手の資生堂は近く、プラスチックの使用量を同社の標準的な従来品に比べ約7割削減できる付け替え容器を一部商品で採用する。この容器は、別々の工場で行っていた容器作りと、化粧水などの中身の充塡(じゅうてん)を同時に行う。そのため、容器の運搬時…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文637文字)

あわせて読みたい

ニュース特集