無人飛行の宇宙船オリオン、アポロ13号抜き最遠記録 11日に帰還

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
宇宙船オリオンの太陽電池パネルに取り付けられたカメラがとらえた画像。右上に地球が見える=2022年11月26日、米航空宇宙局提供
宇宙船オリオンの太陽電池パネルに取り付けられたカメラがとらえた画像。右上に地球が見える=2022年11月26日、米航空宇宙局提供

 米航空宇宙局(NASA)は26日、月周辺で無人飛行試験を実施中の宇宙船オリオンが、人を乗せて往還するための宇宙船として史上最も遠くに到達したと発表した。地球からの距離が41万キロを超え、1970年のアポロ13号の記録約40万キロを追い抜いた。12月11日に帰還する。

 オリオンは米国が主導し日本も参加する国…

この記事は有料記事です。

残り188文字(全文342文字)

あわせて読みたい

ニュース特集