カナダ、中国は「破壊的なグローバルパワー」 日韓などと連携し対抗

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で話をするカナダのトルドー首相(左)と中国の習近平国家主席=インドネシア・バリ島で2022年11月16日、ロイター
主要20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で話をするカナダのトルドー首相(左)と中国の習近平国家主席=インドネシア・バリ島で2022年11月16日、ロイター

 カナダは27日、今後10年間の新たな「インド太平洋戦略」を発表した。台頭する中国が既存の国際秩序を乱す「破壊的なグローバルパワー」になっていると位置づけ、対抗していく姿勢を明確にした。一方で、気候変動や核不拡散などの分野で中国と協力していく必要性も強調した。この戦略のために5年間で約23億カナダドル(約2400億円)を投じるとしている。

 公表された文書は計26ページ。中国への言及は50回以上に上り、「国際秩序を(自分たちに有利なように)変えようとしている」と指摘した。中国が南シナ海や台湾海峡で軍事的な圧力を強めていることから、演習への参加などを通じてインド太平洋地域におけるカナダ海軍のプレゼンスを「強化する」と明記した。知的財産の保護やサイバーセキュリティーなどにも投資する方針を示した。

この記事は有料記事です。

残り490文字(全文839文字)

あわせて読みたい

ニュース特集