「天然石博士ちゃん」えりすぐりの収集品、博物館に展示 茨城の中2

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
採集したコレクションを手に、石の魅力を語る島本奏汰さん=茨城県古河市内の自宅で
採集したコレクションを手に、石の魅力を語る島本奏汰さん=茨城県古河市内の自宅で

 ミュージアムパーク茨城県自然博物館(坂東市大崎)で開催中の企画展「ときめく石―色と形が奏でる世界」に、県立古河中等教育学校2年、島本奏汰(かなた)さん(14)のコレクションが展示されている。「天然石博士ちゃん」としてテレビにも度々出演している島本さん。「将来は鉱物の研究者になって、石の魅力を多くの人に伝えたい」と夢は広がる。【堀井泰孝】

 島本さんは小学1年生の時、静岡・伊豆を旅行の際に宝石探し体験イベントに参加し、石の魅力に目覚めた。以来、小遣いをためて博物館や展示即売会で購入。周りの友達とは違って、ゲームなどには興味はなかった。4年生になると、自ら河原や山で収集するように。専門書や雑誌で石について勉強した。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文817文字)

あわせて読みたい

ニュース特集