特集

先週のピックアップ

日曜朝刊「先週のピックアップ」で取り上げた記事をまとめています。

特集一覧

耐震データ偽造 「黒幕」とされた元社長 転機になった孫の一言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
耐震データ偽造事件の資料を見ながら、取材に応じるヒューザー元社長の小嶋進さん=東京都大田区で2022年9月6日、宮本明登撮影
耐震データ偽造事件の資料を見ながら、取材に応じるヒューザー元社長の小嶋進さん=東京都大田区で2022年9月6日、宮本明登撮影

 2005年に発覚した元1級建築士による耐震データ偽造問題。首都圏の完成済みマンション45件が対象となり、住民は退去や補強を余儀なくされた。発覚直後、国会で「何言ってんだ! ふざけんじゃないよ!」と叫び、「事件の黒幕か」と非難の的になった人がいる。不動産デベロッパー「ヒューザー」の社長だった小嶋(おじま)進さん(69)。17年を経て、鋭かった眼光はずいぶん穏やかになった。当時の自分に、そして被害者に、今思うことは。

 05年11月。問題の物件に携わった業者たちが国会に並んだ。ヒューザーは、対象となる多くの物件の建築主で、小嶋さんも呼ばれた。

この記事は有料記事です。

残り1876文字(全文2148文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集