特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

侵攻前のウクライナの日常描く 神戸で避難民支援のスケッチ展

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
展示されている曺弘利さんのスケッチ画/ウクライナ・キーウ
展示されている曺弘利さんのスケッチ画/ウクライナ・キーウ

 ロシアのウクライナ侵攻から9カ月を超える中、阪神大震災(1995年)の被災地・神戸で、ウクライナからの避難民を支援するNGOの活動が続く。28日には新長田合同庁舎(神戸市長田区)で、避難者らを応援するスケッチ展が始まった。主催するNGOは、戦争は人権や居住地などを奪う「最大の災害」と位置づけ、関心や支援を呼びかける。

 ウクライナの日常の姿をスケッチ画で紹介するもので、12月1日まで。海外の災害被災地などで活動するNGO「CODE海外災害援助市民センター」(兵庫区)と、連携するNGO「国境なき災害支援隊」(長田区)の共催だ。

この記事は有料記事です。

残り972文字(全文1237文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集