金沢百万石まつり、来年は撮影可能に 行列に右團次さん、紺野さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
お松の方役に決まった紺野まひるさん=「金沢百万石まつり実行委員会」提供 拡大
お松の方役に決まった紺野まひるさん=「金沢百万石まつり実行委員会」提供

 金沢市で毎年6月に開かれる恒例の「金沢百万石まつり」の実行委員会は28日、来年のメイン行事「百万石行列」の前田利家役に歌舞伎俳優の市川右團次さん(59)、利家の妻であるお松の方役に俳優の紺野まひるさん(45)を起用すると発表した。今年のまつりでは、実行委が行列に登場した俳優の撮影を禁止し、対応が問題視されたが、来年は撮影を可能にする予定だ。

 金沢百万石まつりは、新型コロナウイルスの影響で2020、21年は中止されたが、今年は感染対策を講じた上で規模を縮小して3年ぶりに開催。3日間で県内外から約44万人が詰めかけた。

前田利家役に決まった市川右團次さん=「金沢百万石まつり実行委員会」提供 拡大
前田利家役に決まった市川右團次さん=「金沢百万石まつり実行委員会」提供

 来年は引き続き感染対策を行った上で、イベントの演技回数や参加人数を増やすなど通常規模の開催を目指す。この日市内であった実行委員会で、委員長の山田啓之副市長は「金沢の歴史や伝統文化、おもてなしの心を広く発信し、街のにぎわいにつなげていきたい」と述べた。【阿部弘賢】

あわせて読みたい

ニュース特集