特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

負傷明けでサッカーW杯デビューの守田英正 失点に絡む痛恨のミス

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-コスタリカ】前半、ボールを奪いに行く守田英正(中央)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、宮武祐希撮影
【日本-コスタリカ】前半、ボールを奪いに行く守田英正(中央)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は27日、第2戦でコスタリカに0―1で敗れた。

 らしくないプレーで痛恨の失点に絡んだ。負傷から回復し、満を持してW杯デビューを果たした守田英正だったが、本来の力を発揮できなかった。「油断がなかった中で100%の準備をしてきた。実力で敗れた」と肩を落とした。

 後半36分、自陣深い位置から吉田麻也が「つなげると思った」という不用意なボールが中途半端に浮いた。守田も蹴り出そうと滑り込んでしまい、球に触れたものの当たりが悪く相手に拾われるミスで、技ありの一発を許した。「連係ミス一つで厳しい展開になる。大舞台では気にしないといけない」と厳しい表情だ。

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文825文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集