特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

上田綺世はシュート0本 遠い代表初ゴール サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-コスタリカ】前半、ボールを追う上田綺世(右)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影
【日本-コスタリカ】前半、ボールを追う上田綺世(右)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は27日、第2戦でコスタリカに0―1で敗れた。

 ゴールという結果も、期待された役割も果たせなかった。ワントップで先発出場した上田綺世は見せ場なく、前半のみでW杯デビュー戦を終えた。「うまくいかないこともあったが、次に向かうしかない」。必死に気持ちを切り替えた。

 最初のチャンスをものにしたかった。試合開始早々の左CK。キッカーの相馬勇紀のゴールへ向かうボールに対し、相手DFのマークを振り切って近いサイドに飛び込んだ。絶妙な動き出しでマークを外すまでは良かったが、頭に当たらず。フリーだっただけに、悔やまれるシーンだった。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文846文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集