特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

不運ではない日本の三つの敗因 サッカーW杯・コスタリカ戦

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-コスタリカ】後半、コスタリカに先制を許し、ぼうぜんとする吉田麻也(中央左)、伊藤洋輝(同右)。右端は守田英正=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影
【日本-コスタリカ】後半、コスタリカに先制を許し、ぼうぜんとする吉田麻也(中央左)、伊藤洋輝(同右)。右端は守田英正=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は27日、第2戦でコスタリカに0―1で敗れた。

 初戦で強敵ドイツを破り、慢心はないつもりでも心のどこかに隙(すき)があったのかもしれない。小さなほころびを、コスタリカにしたたかに突かれた。決してベストパフォーマンスとは言えない相手に喫した黒星は、不運という言葉だけでは片付けられない。

 1次リーグ突破へ、選手たちが「まだ何も決まっていない」と口をそろえて臨んだ一戦。コスタリカが守りを固める得意のスタイルを貫いてくることは想定の範囲内だった。それに対してプレスをかけて相手のミスを誘い、攻撃につなげる日本の形はできていた。

この記事は有料記事です。

残り810文字(全文1104文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集