特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

ベルギー、格下モロッコに不覚 終了間際、一瞬の隙突かれ W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【ベルギー-モロッコ】追加点となるゴールを決めて喜ぶモロッコのアブフラル(左)=カタール・ドーハのアルスママ競技場で2022年11月27日、ロイター
【ベルギー-モロッコ】追加点となるゴールを決めて喜ぶモロッコのアブフラル(左)=カタール・ドーハのアルスママ競技場で2022年11月27日、ロイター

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグF組は27日、前回3位のベルギーがモロッコに敗れた。

「黄金世代」正念場

 世界屈指のGKクルトワを含め、チーム全体が一瞬の隙(すき)を突かれた。ベルギーは後半28分、自陣右の角度のない位置のFKから均衡を破られた。猛攻を仕掛けた終了間際にも逆襲から2点目を許す。格下に足をすくわれ、痛い黒星を喫した。

 モロッコの2選手が同時に代わった直後だった。クルトワはクロスボールを予想したのか、重心を少し前に置く。鋭くゴールに向かって曲がった球は近いサイドに吸い込まれた。その後、けがを抱えるFWルカクも投入したが、実らなかった。

 辛勝したカナダ戦は…

この記事は有料記事です。

残り150文字(全文447文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集