高安関「今度こそ」の思い届かず 地元市民ら300人「応援続ける」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高安関を応援するパブリックビューイング会場。優勝決定ともえ戦で敗れた瞬間、最前列で見つめる高安関の家族らも残念がった=茨城県土浦市の同市役所で2022年11月27日、庭木茂視撮影
高安関を応援するパブリックビューイング会場。優勝決定ともえ戦で敗れた瞬間、最前列で見つめる高安関の家族らも残念がった=茨城県土浦市の同市役所で2022年11月27日、庭木茂視撮影

 またも悲願には手が届かず――。大相撲九州場所千秋楽の27日、茨城県土浦市出身の前頭筆頭・高安関(田子ノ浦部屋)は平幕・阿炎関に本割と優勝決定ともえ戦で連敗し、初優勝を逃した。

 高安関は今年の春場所、秋場所と優勝争いに絡みながら賜杯を手にできずにいた。この日、同市大和町の市役所1階市民ラウンジに特設されたパブリックビューイング(PV)会場は、「今度こそ」の思いで集まった市民ら約300人でいっぱいに。地元後援会の会員らはそろいのオレンジ色の法被姿…

この記事は有料記事です。

残り337文字(全文561文字)

あわせて読みたい

ニュース特集