特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

知っておきたいハンドの反則 故意か偶発的か? サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
W杯アジア最終予選の中国戦の前半、相手のペナルティーエリア内でのハンドを誘うシュートを放つ日本の伊東純也(右)=埼玉スタジアムで2022年1月27日、宮武祐希撮影
W杯アジア最終予選の中国戦の前半、相手のペナルティーエリア内でのハンドを誘うシュートを放つ日本の伊東純也(右)=埼玉スタジアムで2022年1月27日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で、映像によって主審の判定を助けるビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)が前回2018年ロシア大会に続いて導入されていることで、気になるのが、代表的な反則「ハンド」だ。ルールをおさらいしてみたい。

 ゴールキーパー(GK)以外の選手が手や腕でボールを扱ってはいけないが、手や腕にボールが当たること全てが反則になるわけではない。GKも自分のペナルティーエ…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集