特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

枠内に2本飛んで2得点? シュート数や保持率から見たカタールW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-コスタリカ】後半、コスタリカのフジェル(右)が先制ゴールを決める=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影
【日本-コスタリカ】後半、コスタリカのフジェル(右)が先制ゴールを決める=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会では、守勢に回ったチームが1本のシュートで勝利を手にするケースが目に付く。27日に日本に勝ったコスタリカはシュートわずか4本で、このうち枠内に飛んだ唯一のシュートが決勝点となる効率的な戦いだった。

 大会第8日(27日)までに64試合中28試合が終わり、最も少ないシュート数で勝ったのはサウジアラビア。アルゼンチン戦では3本(枠内2本)で2―1と逆転勝ちした。オランダはエクアドル戦でわずか2本(同…

この記事は有料記事です。

残り332文字(全文553文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集