寺田前総務相、自民党広島県連会長を辞任 後任は年内に正式決定

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
自民党の寺田稔氏
自民党の寺田稔氏

 政治資金問題などで総務相を更迭された自民党の寺田稔・衆院議員(広島5区)が党広島県連会長を辞任することが29日、決まった。広島市中区で開かれた県連役員会で寺田氏の辞意の報告があり、了承された。関係者によると、後任会長は平口洋・衆院議員(広島2区)を軸に調整している。

 中本隆志県連会長代理によると、25日に電話で寺田氏から「ご迷…

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文414文字)

あわせて読みたい

ニュース特集