特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

救済新法案巡り実効性アピールの岸田首相 世論の動向にらむ野党

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で立憲民主党の山井和則氏の質問に答える岸田文雄首相=国会内で2022年11月29日午前10時50分、竹内幹撮影
衆院予算委員会で立憲民主党の山井和則氏の質問に答える岸田文雄首相=国会内で2022年11月29日午前10時50分、竹内幹撮影

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の被害者救済の新法案を巡り、岸田文雄首相は29日の衆院予算委員会で野党側が挙げる具体例に新法案が適用できると次々に答弁し、実効性をアピールした。新法案への批判を強めてきた野党側も一定の評価を示しており、与野党が歩み寄れるかが今後の焦点となる。

 立憲民主党・山井和則氏「教義を刷り込まれた結果、外形的に困惑せず自主的に献金した場合は(取り消し権の)対象となるのか」

 首相「その状態から脱した後に本人が取り消し権を行使することが可能な場合があると考える」

 29日の論戦では、…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1139文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集