特集

23年度税・予算

「何が変わる?」「どう変わる?」――。2023年度税制や予算の行方をリポート。

特集一覧

財政審建議「安定財源の確保が必要」 防衛費増額で国債依存を懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鈴木俊一財務相(右から2人目)に建議を手渡す財政制度等審議会の榊原定征会長(左から2人目)=財務省提供
鈴木俊一財務相(右から2人目)に建議を手渡す財政制度等審議会の榊原定征会長(左から2人目)=財務省提供

 財務相の諮問機関である財政制度等審議会(会長・榊原定征元経団連会長)は29日、2023年度当初予算案の編成に向けた建議(意見書)をまとめ、鈴木俊一財務相に提出した。防衛費増額などの財源について「安易に国債発行に依存すべきではない」と強調し、増税を念頭に安定財源を確保する必要性を訴えた。

 建議では「将来世代への責任」を強調。主要課題となっている、防衛力の強化▽少子化対策・こども政策▽グリーントランスフォーメーション(GX)への投資――を例示して「これらの施策の充実を図るため、安易に国債発行に依存せず、安定的な財源を確保していくべきだ」と強調した。

 防衛費を巡っては、年末に策定する23~27年度の中期防衛力整備計画(中期防)について、48兆円程度の規模を求める声が自民党内などにある。建議では中期防が「平成を通じて20兆円台だった」と指摘。「30兆円を超えて相当程度増額することになれば、それ自体、歴史の転換点」と指摘し、「これまでの延長線上ではない歳出・歳入両面にわたる財源措置の検討」を求めた。

この記事は有料記事です。

残り726文字(全文1178文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集