特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ウクライナ、首都キーウの死者150人超に 侵攻から9カ月で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ロシアのミサイル攻撃で破壊された住宅=ウクライナ・キーウ近郊で2022年11月23日、ロイター
ロシアのミサイル攻撃で破壊された住宅=ウクライナ・キーウ近郊で2022年11月23日、ロイター

 ウクライナの首都キーウ(キエフ)市のクリチコ市長は28日、ロシア軍による2月の侵攻開始以来、市内では子供4人を含む民間人150人以上が死亡し、建物678棟が被害を受けたと述べた。インタファクス・ウクライナ通信が伝えた。侵攻当初の首都防衛には成功した一方で、ミサイルなどによる遠隔攻撃の被害が続いている。

 クリチコ氏はこの日、ベルギーの首都ブリュッセルで開かれた経済関連の会合にオンライン参加して発言した。攻撃を受けた建物の種別は住宅350棟超、教育施設77棟、医療施設26棟などという。27日までにウクライナ全土で確認された民間人の死者について、国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)は子供37人を含む6655人、けが人は1万368人に上ると報告している。

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文629文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集