ベラルーシ検察、ノーベル平和賞決定者を起訴 大統領批判で拘束

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ベラルーシ国旗=ミンスクで2014年8月、真野森作撮影
ベラルーシ国旗=ミンスクで2014年8月、真野森作撮影

 ベラルーシ最高検察庁は28日、今年のノーベル平和賞の共同受賞が決まっている同国の人権活動家アレシ・ビャリャツキ氏の起訴を発表した。ロシア通信が伝えた。社会秩序を乱す行為への参加などを理由としている。

 ビャリャツキ氏はベラルーシで人権団体「ビャスナ(春)」を創設。ルカシェンコ大統領の強権的統治を批判…

この記事は有料記事です。

残り179文字(全文329文字)

あわせて読みたい

ニュース特集