「絞首刑は国際法違反」 死刑囚3人が執行差し止め求め提訴 大阪

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大阪地裁に向かう代理人弁護士ら=大阪市北区で2022年11月29日午前9時57分、三村政司撮影
大阪地裁に向かう代理人弁護士ら=大阪市北区で2022年11月29日午前9時57分、三村政司撮影

 絞首刑は残虐な刑罰を禁じる国際法や憲法に違反するとして、大阪拘置所に収監されている死刑囚3人が29日、国に死刑執行の差し止めや計3300万円の賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。代理人弁護士は「日本の死刑制度のあり方を改めて問う」と訴えている。

 提訴したのは、いずれも死刑確定から10年以上が経過している3人。うち2人は刑事裁判のやり直しを求める再審請求中だが、代理人は3人の氏名を明らかにしていない。

 原告側は訴状で、日本が批准している国際人権規約(自由権規約)は非人道的な刑罰や恣意(しい)的な生命の剥奪を禁止していると指摘。残虐な刑罰や拷問を禁じている憲法36条にも違反しているとしている。

この記事は有料記事です。

残り379文字(全文679文字)

あわせて読みたい

ニュース特集