福島の養鶏場で鳥インフル 1万7000羽を殺処分へ 県内初確認

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
福島県伊達市
福島県伊達市

 福島県は29日、肉用鶏約1万7000羽を飼育している同県伊達市の養鶏場で見つかった高病原性鳥インフルエンザ感染が疑われる事例について、遺伝子検査で陽性が判明したと発表した。30日までに全羽を殺処分する。県内の養鶏場では初の事例。

 県は、この養鶏場の半径10キロ圏内の農場で飼育されている計約64万4…

この記事は有料記事です。

残り84文字(全文234文字)

あわせて読みたい

ニュース特集