拝啓、50年後の滋賀へ 2072年度の県政200周年へ手紙募集

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
滋賀県庁=大津市で2019年4月7日、石川貴教撮影
滋賀県庁=大津市で2019年4月7日、石川貴教撮影

 県政150周年を9月に迎えた滋賀県は「50年後の滋賀への手紙」を29日から募集する。滋賀県への思い、50年後の湖国でかなえたい夢などを込めた手紙や絵、写真を募り、2072年度の県政200周年記念事業で活用する計画だ。

 三日月大造知事が28日の定例記者会見で発表した。知事は「生きていれば101歳になる自分と滋賀県を想像し、丁寧に思いを込めて書いた」という自…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

あわせて読みたい

ニュース特集