古川聡氏が代表の不適切研究 高市氏「気づかなかったのは疑問」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
高市早苗・宇宙政策担当相=東京都千代田区で2022年8月29日、猪飼健史撮影
高市早苗・宇宙政策担当相=東京都千代田区で2022年8月29日、猪飼健史撮影

 医師の古川聡・宇宙飛行士(58)が研究代表者を務めた医学研究でデータの改ざんや捏造(ねつぞう)が多数見つかった問題で、高市早苗宇宙政策担当相は29日の閣議後記者会見で「宇宙航空研究開発機構(JAXA)の対応は非常に遅い。古川飛行士が問題に気づかなかったというのは、はなはだ疑問だ」と批判した。

 JAXAによると、この医学研究の最初の不適切行為である検体の取り違えが発覚したのは2017年で、文部科学省への報告は4年後の21年だった。

 高市氏は「JAXAの対応は非常に遅い。税金を投入している研究であれば、できるだけ速やかに公表し、所管省庁に報告し、本格的に調査することが望ましかった」と指摘した。古川飛行士自身が問題を把握できていなかったとのJAXAの説明については「古川飛行士は管理監督責任を負う立場だ。はなはだ疑問に感じている」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文558文字)

あわせて読みたい

ニュース特集