関東最古 高さ27メートルの大イチョウ、黄葉見ごろ 茨城・西蓮寺

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
見ごろを迎えている西蓮寺の黄葉=茨城県行方市西蓮寺の西蓮寺で2022年11月27日午前9時15分、信田真由美撮影
見ごろを迎えている西蓮寺の黄葉=茨城県行方市西蓮寺の西蓮寺で2022年11月27日午前9時15分、信田真由美撮影

 茨城県行方市の古刹(こさつ)・西蓮寺で、関東最古とされる大イチョウの黄葉が見ごろを迎えている。幹回り約8メートル、高さ約27メートルの大イチョウが黄金色に色づき、参拝客を楽しませている。

 同寺の大イチョウ2株は樹齢1000年以上とされ、県の天然記念物にも指定されている。11月下旬~12月上旬が見ご…

この記事は有料記事です。

残り107文字(全文257文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集