元寇犠牲者の慰霊碑再建 福岡・蒙古山で式典、友好と平和祈る

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
石碑前で手を合わせる宮城野親方=福岡市西区の蒙古山で2022年11月29日午後0時20分、松田栄二郎撮影
石碑前で手を合わせる宮城野親方=福岡市西区の蒙古山で2022年11月29日午後0時20分、松田栄二郎撮影

 モンゴル帝国(元)が日本を侵攻した元寇(げんこう)(蒙古襲来)の犠牲者を慰霊するため、1895年に福岡市西区の蒙古山(158メートル)山頂に建立され、2005年3月の福岡県西方沖地震で倒壊した石碑が再建された。29日に現地で開かれた記念式典には地元住民の他、再建に協力した宮城野親方(元横綱・白鵬)やモンゴル人ら計約100人が参加し、石碑の前で両国の友好と平和を祈った。

 元寇の際、山頂には日本側の見張り台があり、両軍の犠牲者が埋葬されたとされる。石碑の再建は、22年に日本とモンゴルの外交関係樹立50周年を迎えるのに合わせ、九州沖縄・モンゴル友好協会(福岡市)と在福岡モンゴル国名誉領事館(同)が企画。クラウドファンディングで再建費用に充てる寄付を募り、宮城野親方や鶴竜親方(元横綱)らモンゴル出身の力士も寄付で協力した。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文688文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集