2023年のえと「卯」のオブジェ、素材は島で捕獲の「亥」の革

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「島シシレザー」のえとオブジェ。左から亥2種、子、丑、寅、卯2種。子の前のチーズも革作品=愛媛県今治市上浦町盛で2022年11月28日、松倉展人撮影
「島シシレザー」のえとオブジェ。左から亥2種、子、丑、寅、卯2種。子の前のチーズも革作品=愛媛県今治市上浦町盛で2022年11月28日、松倉展人撮影

 2023年のえと「卯(う)」にちなんだウサギの姿が生き生きと浮かんでくる革のオブジェ。素材は島で捕獲されたイノシシだ。愛媛県今治市・大三島で革小物の「ギャラリー自尺(Jishac)」を経営する重信幹広さん(42)、瑠依(るい)さん(36)夫妻の作品。えとのオブジェを毎年楽しみに待つ人も多い。

 瀬戸内しまなみ海道沿いの大三島と、隣の伯方島では20年ほど前からイノシシが耕作放棄地などで急に繁殖し、農…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

ニュース特集