特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

運命のスペイン戦 勝機は「積極的守備」にあり サッカーW杯日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-コスタリカ】後半、ドリブルで攻め込む伊東純也(中央)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影
【日本-コスタリカ】後半、ドリブルで攻め込む伊東純也(中央)=カタール・アルラヤンのアハマド・ビン・アリ競技場で2022年11月27日、藤井達也撮影

 世のムードの移り変わりは恐ろしい。サッカー日本代表はワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグE組初戦でドイツを破ったことにより、27日のコスタリカ戦に快勝し決勝トーナメント進出を決めるとの期待が高まった。終わってみれば0―1の敗戦。コスタリカのしたたかさにやられた。

 コスタリカは日本のスピード、カウンター攻撃を徹底して消しに来た。自陣に引き気味の5バックの布陣で日本に走るスペースを与えず、ボールを奪っても攻撃に人数をかけない。中盤から後ろに選手を残して、横パス、バックパスを使って、ボールを奪われた後に備えた。

 いわば、のらりくらりのサッカー。日本は後半開始から攻勢をかけたが崩しきれない。同30分過ぎから、満を持して前に出てきたコスタリカに、ミスから得点を献上して逃げ切られた。

 コスタリカは北中米カリブ海予選からニュージーランドとの大陸間プレーオフまで、予選の最終盤で5連勝をマーク。かろうじてW杯へ滑り込んだ粘りはだてではなかった。日本が前半途中から相手に合わせてしまい、攻撃のテンポが落ちたことが悔やまれる。

 決勝トーナメント進出をかけた日本の第3戦は12月1日(日本時間2日未明)、スペインが相手。個々のレベル、組織の力、いずれを見ても優勝候補だ。第2戦はドイツと引き分けたが、前半はドイツを自陣へ押し込む強さを見せた。

 強豪を相手に日本に求められるのは…

この記事は有料記事です。

残り450文字(全文1038文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集