特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

カメルーン あの騒動以来20年ぶりの白星逃すも不名誉な記録は回避

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【カメルーン-セルビア】前半、先制ゴールを決めて喜ぶカメルーンのジャンシャルル・カステレト=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年11月28日、藤井達也撮影
【カメルーン-セルビア】前半、先制ゴールを決めて喜ぶカメルーンのジャンシャルル・カステレト=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年11月28日、藤井達也撮影

 ワールドカップ(W杯)カタール大会の1次リーグG組で28日、カメルーンはセルビアと3―3で引き分けた。

 カメルーンは敗れれば、W杯史上最多の連敗記録「9」に並ぶ危機的状況だった。「不屈のライオン」はセルビア相手に2点差を追いつき、辛くも引き分けに持ち込んだ。

 「十分すぎるほど準備ができている。重要な試合になる」。ソング監督は並々ならぬ思いで臨んだが、セルビアの攻勢に対し序盤は受け身になった。

 相手の逸機に助けられるとチャンスが訪れる。前半29分、左CKからの競り合いのボールは遠いサイドに流れ、詰めていたDFカステレトが右足で流し込んだ。

この記事は有料記事です。

残り396文字(全文668文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集