特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

森保一監督の「坊ちゃん刈り」整え30年 広島の理髪師がエール

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
森保一監督
森保一監督

 サッカーワールドカップ(W杯)カタール大会で日本代表を率いる森保一監督の坊ちゃん刈りスタイル「ポイチカット」を30年にわたって整えてきた理髪師がいる。広島市南区の「ヘアーサロンOKIMOTO」店主の沖本静夫さん(74)は、カタールに向けてエールを送る。

 出会いは、森保氏がサッカー実業団のマツダ(現サンフレッチェ広島)の選手だったころだ。近くにマツダの寮があり、練習帰りにふらっと来店した。家族ぐるみの付き合いとなり、沖本さんは「私の妻がお子さんの世話をしたり、家族一緒に旅行に行ったり」と懐かしそうに話す。

 森保氏はチームを移籍した後も、広島に来るたび店に顔を出した。パーマを当てた時期もあったが、試合で邪魔にならない坊ちゃん刈りに落ち着いた。現役を引退しても変わらなかった。

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文668文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集