特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「防衛費倍増より前に政治家がすべきこと」 作家・中村文則さん

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
中村文則さん=本人提供
中村文則さん=本人提供

 これだけの格差社会と物価高の中、防衛費を今後ほぼ倍増、GDP(国内総生産)比で2%にするのを目指すという。

 日本を防衛するのに何々が必要で、これだけ増額する、ならまだしも、なぜ数字が先に来るのか、意味がわからない。北大西洋条約機構(NATO)諸国が2%以上を目指していると言うが、日本はNATOと関係ない。

 抑止力のための防衛費、ということだが、歴史的に、抑止力を上げた結果、周辺国との緊張を生み、戦争になったケースがいろいろある。補強する兵器の選択によっては、いらぬ緊張を発生させる。

 ウクライナが、ロシアが嫌がるNATO加盟にあれほどこだわったのは、抑止力のためだった。戦争をしないため加盟を望み、緊張が高まり、結果的に戦争になった悲劇がある。

 どんな理由があっても、侵攻したロシアが悪い。だが突然侵攻したわけではなく、実は長い経緯がある。ロシア政府…

この記事は有料記事です。

残り1450文字(全文1828文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集