広島知事「JR西日本は全線の収支公表を」 赤字路線の廃線を懸念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
湯崎英彦広島県知事=広島県庁で、東久保逸夫撮影
湯崎英彦広島県知事=広島県庁で、東久保逸夫撮影

 JR西日本が利用者の少ないローカル線の収支を発表した30日、広島県の湯崎英彦知事は、JR西の経営状況全体を踏まえて路線の存廃を議論する必要があるとの考えから「黒字を含めた全ての線区について発表すべきだ」とのコメントを出した。

 同県は、公表対象の17路線のうち、芸備線など3路線が通る。湯崎知事は「利…

この記事は有料記事です。

残り70文字(全文220文字)

あわせて読みたい

ニュース特集