インドGDP、6.3%増 7~9月期、個人消費の回復続く

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
第一次世界大戦の戦死者を弔うために1931年に建てられたインド門=インドの首都ニューデリーで2020年2月、松井聡撮影
第一次世界大戦の戦死者を弔うために1931年に建てられたインド門=インドの首都ニューデリーで2020年2月、松井聡撮影

 インド政府は30日、2022年7~9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年同期比6・3%増だったと発表した。GDPの約6割を占める個人消費の回復が続いていることが主な要因で、8四半期連続のプラス成長となった。

 業種別では、貿易・宿泊・運輸業などが14・7%増と大きく伸びた。建設業も6・6%増…

この記事は有料記事です。

残り171文字(全文321文字)

あわせて読みたい

ニュース特集